分子構造

脂質はリポ蛋白質として、粒子状で循環している

御覧になりたい項目をクリックで選択して下さい。
イルカ血管中のリポ蛋白質
イルカリポ蛋白質の中身
イルカ脂質の役割
イルカ健常者のリポ蛋白質
高脂血症患者や脂質異常症のリポ蛋白質
リポ蛋白質の代謝
粒子状のリポ蛋白質の測定の意義
リポフォーのパターンの名称

メール アイコン
メール
トップ アイコン
ホーム



a)血管中のリポ蛋白質



脂質(コレステロールやトリグリセリド)は水に溶けないので、血中にそれ単独では存在でき
ません。
必ずアポ蛋白質と結合した、図のような粒子状(リポ蛋白質)となって血中 を循環
しています。


※水に溶けないコレステロールやTGは、そのまま血中に存在しているわけではなく、 これらがアポタンパク質に結合して上図のような粒子状態で血中を循環しています

ムナントとは、本来血流中で素早く代謝されるLDL(VLDLレムナント)やカイロマイクロンレムナントなどのTGが豊富なリポタンパク質のことを言い、これらが血流中で増加することが動脈硬化の原因となっています。
Small LDLは相対的にアポBが豊富でかつ小さな粒子サイズとなったLDLのことで、
動脈硬化発生と関係が深いと言われています。


大阪大学医学部分子制御内科学(第2内科)教授  松澤 佑次先生 監修

                    


トップ

b)リポタンパク質の中身


リポタンパク質は図のような構造です。




タンパク質

極性基
脂肪酸残基

遊離コレステロール

コレステロールエステル

トリグリセライド




高脂血症診療の手引き 厚生省・日本医師会編より


リポタンパク質粒子表面には一定の比率でTGが顔をのぞかせています(矢印) ので、これは特殊なリパーゼで切ることが出来ます。

トップ


c)脂質の役割
脂質は主に次の3種類があり,それぞれの役割を担っています。


トップ

d)健常者のリポタンパク質
健常者のリポタンパク質は
でできています。
リポフォー(PAGディスク電気泳動法)で,これらは固有のサイズによって分ける事が出来ます。それぞれは,非常にきれいで安定しています。


e)高脂血症患者や脂質異常症のリポタンパク質


脂質異常症のリポタンパク質には,健常者のVLDL,LDL,HDLの他に下記のようなものが出現します。


          リポフォー(PAGディスクゲル)         デンシトグラム

         


トップ

f)リポタンパク質の代謝


リポタンパク質は,主に外因性の代謝と内因性の代謝の2通りの経路により代謝 されます。

外因性:小腸より吸収された脂質は直ちにアポB48により,リポ蛋白質の最大径 をもつ,カイロマイクロンになり肝臓に運ばれる経路。

内因性:肝臓からVLDLが分泌されLPL(リポタンパクリパーゼ:脂質分解酵素)によりLDLに代謝される経路。および肝臓で生合成されたHDLの代謝経路。

     リポタンパク代謝

   





これらの代謝経路の中でそれぞれの代謝過程の中間物質,カイロマイクロン
レムナントやIDL(VLDLレムナント,ミッドバンドともいう)および変性LDL(最近
ではSmallLDL,Small dense LDLともいう)も出現する。
これら中間物質が,動脈硬化を起こす原因になっている。

トップ

g)粒子状のリポタンパク質の測定の意義

血流中の脂質は、リポタンパク質となって粒子状で循環していることは、前述の通りです。

従来より、血液学領域における検査では、赤血球や白血球の形態学的検査がもっぱら粒子状を捉えることでその代謝・機能・役割などの研究が進みました。

残念ながら脂質代謝においては、通常血液中に存在する形態すなわち粒子状態を見ての研究がなされていませんでした。実際大まかに、細胞への取り込みまでがリポタンパク質という粒子状で行われ、取り込み後の代謝が脂質そのものの代謝という事になります。最近、粒子状の代謝の研究が進み、第2項 に述べる動脈硬化のリスクファクター が注目され始めました。

リポフォーによるリポタンパク質の分析は、以上の理由により非常に大切であると言えます。


トップ

h)リポフォーのパターンの名称


リポフォーは,分子ふるい効果のあるPAGディスクゲルによりリポタンパク質の 分析結果をデンシトメータにより,図形化しかつVLDL,LDL,HDLの分画%で 表現します。

図に示すように,リポフォー法は原理的に,超遠心分離法の結果と移動度の 点において良く一致しており,VLDL,ミッドバンド(IDL),LDL,HDLの表現は 周知のとおりです。なおリポフォー法は,分子ふるい効果の他多少荷電の影響も 受けている点で超遠心法とも若干異なる点もあります。

セルロース膜やアガロースゲル膜による電気泳動法は,リポタンパク質を荷電の 違いにより分離するため,蛋白分画の移動度に合わせ,プレβ,β,αリポタンパ ク質と呼ばれています。

図に示すように,荷電で分析する方法では,βとプレβが入れ替わっています。 この電気泳動では大きな粒子が先に動くので,プレβが多い患者の電気泳動像 では,それが支持体の網目構造にひっかかり、分離不能の状態になったものが ブロードβと呼ばれています。

◆リポフォーは、リポタンパク質を分子サイズの順に分析します

 

* セルロース膜やアガロースゲル膜による電気泳動法(保険85点)によるリポ タンパク質の測定結果を,VLDL,ミッドバンド,LDL,HDLと表現したり,コレステロ ール染色やTG染色して,LDLコレステロールと表現している所もあります。測定 原理上はこれらはβ-コレステロールに区分される必要があります。またミッドバン ドについては,過去PAGディスク電気泳動法で,ミッドバンドが臨床上重要である との報告ばかりです。アガロースゲル電気泳動で出るミッドバンド様のものはどん な疾病で出ているかはまだ報告がありません。注意する必要があります。


トップ