常光ナノマテリオ・エンジニアリング事業部 TEL:044-382-5107 日本語 英語

サイトマップ

メールでお問い合せ

処理事例 製品ラインナップ サービス 会社案内
製品ラインナップ
[ 卓上小型機 ]
・JN20
[ 据置き中型機 ]
・JN100
[ 生産機 ]
・JN1000
[ 前処理機 ]
・JN50

湿式ジェットミルの特徴

湿式ジェットミルのご案内


お問い合わせ


湿式ジェットミルの特徴 ご案内


概要
常光ナノジェットパルRはスラリー状試料を微粒化する湿式ジェットミル装置です。
最大250MPaの高圧分散・乳化・解砕を行ないます。
当社独自の開発のナノジェットパルR(NJP)ユニット(分散・乳化・解砕部)を搭載し、
高圧ポンプによって加圧した試料がNJPユニットを通過することによって、粒子の分散・乳化・解砕を行ないます。



特徴
■ナノレベルの粒径を実現
到達が困難と言われていたナノレベルの単分散を実現します。
また、動作サイクルにおける設定圧力の保持時間が長いため、より合理的に微粒化を行なえます。
■コンタミネーションが極小
メディアミルでは不可能な領域の極小なコンタミネーションで微粒化します。
■微量はサンプルでもOK
装置の滞留量を少なくすることによってわずか8mlの試料でも処理が可能です。
高価で微量しか入手できない試料でも安心して処理出来ます。
■高濃度・高粘度の試料にも対応
高粘度(20000cP以下)や高濃度(60%以下)の試料でもそのまま処理することが出来ます。
■簡単操作
タッチパネルの使用により操作が一段と簡単になりました。
■有機溶媒対応
アセトン、トルエン、NMPなど殆どの有機溶媒が使用出来ます。もちろん水系での使用も可能です。
■電動卓上型で250MPaを実現
実験台における大きさながら最大250MPaの処理圧力を出すことが出来ます。



NJPユニット

①ジェット流の発生
高圧ポンプによって加圧された試料はナノジェットパルユニットの中で液相ジェット流となります。
②基本効果の直線ジェット
基本効果を得るための直線ジェット流を発生します。
③常光独自の渦ジェット流
直線ジェット流を経て渦ジェット流となり、直線ジェット流の衝突による微粒
化を渦ジェット流が更に効果を高め、そして分散剤等添加物の効果をより効率
よく引き出します。



お問い合わせ

ページTOP

Copyright (C) JOKOH CO.,LTD. All Rights Reserved.
常光ナノマテリオ・エンジニアリング事業部